中野中学校

保健室より


 インフルエンザや麻しん等の学校保健安全法に定められている疾患に罹患した場合や、感染予防の観点から医師が必要と判断した場合には、出席停止となります。登校の再開には、所定の『登校許可証』の提出が必要となります。
 下記の『登校許可証』をダウンロード、印刷してお使い下さい。(印刷できない場合は、事前に学校まで取りにきてください。また、PDF書類はコンビニでも出力できます。)
 ページ下記の「学校医一覧」もご確認ください。

【登校許可証】PDF ダウンロード

【 感染症と出席停止期間の一覧表 】PDF

保護者の方へお願い 〜お子さんがインフルエンザにかかったら〜

 医師からインフルエンザの診断を受けましたら、すぐに学校へご連絡ください。出席停止期間を確認の上、医師の指示に従い自宅で療養してください。欠席にはなりません。
 登校に際しては、医療機関で「登校許可証」を記入していただき、保護者署名の上、登校開始日に持参・提出させてください。
 ご家族がインフルエンザにかかっている場合、十分に生徒の健康観察をお願いいたします。

 毎年、冬に流行するインフルエンザについては、出席停止期間が次のように定められていますので、ご確認下さい。

インフルエンザによる発熱期間と登校可能日の目安


※「発症」とは急な発熱を目安にしています

  0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
例1 2日目に解熱
した場合
発症
(発熱)
発熱 解熱 解熱後
1日目
解熱後
2日目
発症後
5日以内
登校
可能
 
◯解熱後2日経っても、発症後5日経たないと登校できません。
例2 4日目に解熱
した場合
発症
(発熱)
発熱 発熱 発熱 解熱 解熱後
1日目
解熱後
2日目
登校
可能
◯発症後5日経っても、解熱後2日経たないと登校できません。

 インフルエンザの治療薬を使うと、早く熱が下がる(解熱する)ことがあります。しかし、感染力の強いウイルスは体の中に残ったままです。出席停止期間は「発症日を0日と数え、5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで」です。医療機関を受診して、医師の指示に従い、出席停止期間を確認して療養してください。

【 登校許可証学校医一覧 】PDF

【 登校許可証学校医一覧〜耳鼻科・眼科 】PDF

※上記の学校医一覧にある中野区内の学校医診療所へ「登校許可証」の用紙を持参した場合は、文書料の負担はありません。 (区外及び学校医以外の医療機関を受診した場合は、文書料が有料になる場合がありますのでご注意ください。)